双日株式会社

閉じる

双日商業開発、那須ガーデンアウトレットで5,000個の桜かざぐるまが飾られた「SAKURA KAZAGURUMA-WALL」を展示中

2020年8月

双日商業開発が運営する「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)では、7月30日から8月31日まで、桜を模ったかざぐるま5,000個を取り付けた「SAKURA KAZAGURUMA-WALL」を正面入口近くに展示中です。

img_kazaguruma_01.jpg img_kazaguruma_02.jpg
約20mにおよぶ桜かざぐるまの壁

今春、新型コロナウイルスの影響で、卒業式、入学式、お花見といったイベントが軒並み中止や縮小開催となりました。そこで、多くの方に那須の開放的な自然の中で新たに思い出を作って欲しいという想いで企画されたのが、「SAKURA KAZAGURUMA-WALL」です。

4月の緊急事態宣言とその後も続く外出・移動の自粛を受けて、日本全国の観光地が苦境に立たされ、自然豊かで人気の温泉を抱える那須エリアも例外ではありません。那須ガーデンアウトレットでは、近隣の温泉施設や農産品生産者の応援イベントを開催するなど、地域全体の活性化のための取組みを行ってきました。今回の「SAKURA KAZAGURUMA-WALL」は、これらの活動の一環でもあります。

7月30日と31日に来場したお客様には、プロのカメラマンが記念写真を撮影して写真をプレゼントするサービスを実施。「暗いニュースが続く中で、明るいイベントに出会えて気持ちも晴れやかになった」「プロのカメラマンに撮影してもらえて良い思い出になった」など、イベントを楽しむ声が聞かれました。

img_kazaguruma_03.jpg img_kazaguruma_04.jpg


ひとつひとつが桜の形をしたかざぐるまは、春を思い起こさせ、また、那須の清々しい風によってくるくると回る姿は夏の涼しさも感じさせます。今年の夏の楽しい思い出作りに、ぜひご来場ください。

このページの先頭へ