双日株式会社

閉じる

デルタマス・シティにチカラン日本人学校設立

2019年6月

4月18日、双日が総合都市インフラ開発事業として推進しているデルタマス・シティにおいて、チカラン日本人学校(小・中学部)の開校式と入学式が開催され、双日インドネシアの武田社長を含め、設立に携わった来賓者や保護者が出席しました。

デルタマス・シティ周辺地域では日系企業の進出が加速する一方、唯一の日本人学校はジャカルタに位置するため、家族帯同の駐在員は渋滞による長時間通勤に悩まされていました。双日は、設立に向け活動を開始した2015年から日系コミュニティと共に協力。今後も地域コミュニティの活性化を図っていきます。

img_cjs_01.jpg
入学式にて校長先生の挨拶

img_cjs_02.jpg
チカラン日本人学校の正面ゲート

このページの先頭へ