双日株式会社

閉じる

インドネシアのイオンモールにおける太陽光発電設備の設置・稼働開始

PDF版[319.7 KB]

2024年1月19日
イオンモール株式会社
双日株式会社

イオンモール株式会社(以下、「イオンモール」)、双日株式会社(以下、「双日」)は、再生可能エネルギー電力の活用によるCO2排出量削減に向け、双日の持分法適用会社PTピーティー SURYAスルヤ NIPPONニッポン NUSANTARAヌサンタラ(以下、「SNN社」)を通じて、インドネシア共和国における1号店「イオンモールBSD CITY(以下、「BSD CITY」)」に屋根置き太陽光発電設備を導入、2024年1月中に稼働を開始する予定です。

今回の取り組みでは、BSD CITYの屋上に総面積約4,244㎡、年間の発電容量計1,161MWhの太陽光発電パネルを設置します。本取り組みにより年間のCO2排出量を約712トン削減する見込みです。さらに、同国で建設中の5号店「イオンモール デルタマス」においてもSNN社を通じて屋根置き太陽光設備の設置を進めております。

イオンは、2018年に策定した「イオン 脱炭素ビジョン」に基づき、2025年までにイオンモールにおいて実質CO2フリーの電力調達を進めながら順次地産地消の再エネへ切り替え(PPA手法含む)、2040年までに日本国内の直営モールで地産地消の再エネ自給率100%を目指しています。インドネシアにおいては4モールを開発・運営しており、今後も脱炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーの活用を積極的に推進してまいります。

双日は、インドネシアにおいてSNN社を通じ、屋根置き太陽光発電に加えて、蓄電池、EV関連事業、省エネ、水素・アンモニア・バイオ燃料などのゼロエミッション燃料供給サービスなどを提供する予定であり、統合的な脱炭素ソリューションを通じて、お客さまの脱炭素化をサポートしていきます。

240119.png

【イオンモールBSD CITY】


(ご参考)

イオンモールの概要

会社名 イオンモール株式会社
設立年 1911年(明治44年)11月
本社所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1
代表者 岩村 康次
事業内容

大規模地域開発及びショッピングモール開発と運営
不動産売買・賃貸・仲介[国土交通大臣(4)第7682号]

双日の概要

会社名 双日株式会社
設立年 2003年
本社所在地 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
代表者 藤本 昌義
事業内容

国内外での多様な製品の製造・販売や輸出入、サービスの提供、各種事業投資など

SNNの概要

会社名 PT Surya Nippon Nusantara
設立年 2022年
本社所在地 インドネシア共和国ジャカルタ首都特別州
代表者 Nadya Ajani Hananto
出資構成

PT ENERGI MITRA INVESTAMA 51%、双日 49%

事業内容

インドネシアにおける屋根置き太陽光事業


【関連リリース】
2023年11月20日 双日・EMI、脱炭素エネルギーソリューション会社を共同設立、インドネシアで屋根置き太陽光事業に参画

【本件に関する問い合わせ】
イオンモール株式会社 社長室 広報グループ 043―212―6733
双日株式会社 広報部 03-6871-3404

このページの先頭へ