双日株式会社

閉じる

双日、日本発のがん放射線増感剤開発会社に出資

PDF版[258.4 KB]

2019年12月13日
双日株式会社

双日株式会社(以下「双日」)は、がんの放射線治療効果を高める放射線増感剤KORTUC*1の臨床開発及び製品開発を行なうスタートアップ企業コルタック社(株式会社KORTUC、本社:東京都千代田区、以下「KORTUC社」)に対し、2019年1月に米国で設立したコーポレートベンチャーキャピタル(以下「CVC*2」)を通じて出資を致しました。
*1:Kochi Oxydol Radiation Therapy for Unresectable Carcinomas.の略称
*2:当社2019年1月29日付プレスリリースご参照。ペガサス・テック・ベンチャーズ(所在地:米国カリフォルニア州、代表パートナー兼CEOアニス・ウッザマン)内に設立

世界のがん患者の約6割が受ける放射線治療において、がん腫瘍のサイズが大きくなるにつれて、がん腫瘍組織内の低酸素状態及び抗酸化酵素の存在により放射線治療の効果が極めて低下することが知られていますが、放射線増感剤KORTUCを腫瘍に注入した上で放射線治療を行うことにより、治療効果が高まることが期待されています。

既に、日本国内の複数の病院での放射線増感剤KORTUCを使用した放射線治療は乳がんを中心としたさまざまな固形がんにおいて1,000例を超えていると言われ、腫瘍消失等の高い有効性が示されています。現在、英国王立マースデン病院において医師主導による局所進行乳がんを対象とした臨床治験が進められており、昨年末に終了した第Ⅰ相臨床試験においては安全性と高い腫瘍縮小効果が確認されています。今回の資金調達により英国での第Ⅱ相臨床試験が開始される計画です。

双日は、がん放射線治療を高める増感剤の医薬品承認取得とその普及を目指すKORTUC社を今回の投資や事業展開面で支援することで、世界のがん治療の発展に貢献して参ります。

双日は、世界の人々が健康かつ幸せで豊かな生活を実現する支援の一助として、ヘルスケアの発展に貢献していきます。また、今後も有望な技術やサービスを持ったスタートアップ企業との連携により新しい事業の創出をグローバルに進めて参ります。

以上

(ご参考)

KORTUC社の概要

会社名 株式会社KORTUC
設立 2015年
所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル1階SPACES
代表者 松田和之
主な事業内容 放射線増感剤KORTUCの開発、製造、販売及び輸出

このページの先頭へ