双日株式会社

閉じる

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参画

~ 5G普及による通信タワーの需要増に対応 ~

PDF版[443.8 KB]

2019年11月15日
双日株式会社

双日株式会社(以下「双日」)は、マレーシアの通信タワー事業会社最大手edotco Group Sdn Bhd(本社:マレーシア、以下「edotco」)のミャンマー連邦共和国(以下「ミャンマー」)法人であるイードットコー社(edotco Myanmar Limited、本社:ミャンマー、以下「edotco Myanmar」)に出資参画しました。

edotco Myanmarは、ミャンマーの大手携帯電話事業会社4社と通信タワーの長期リース契約や電力供給を含めたサービス契約を締結し、既に約2,000塔の通信タワーを管理運営しており、ミャンマー市場シェア1位を目指します。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、ミャンマーにおけるデータ通信量は増加の一途をたどっていること、また、5Gの実現により、5G 周波数帯は4G 以上に多数の基地局が必要となることから、ミャンマーにおける通信タワーの需要は今後飛躍的に増加する見通しです。

双日は、ミャンマーでの通信インフラ事業への参画を通じて、ミャンマーの無電化・弱電化地域へ安定したインターネット接続環境を提供するなど、地域社会の生活環境改善に貢献します。また、edotco Myanmarが持つ事業運営能力と、双日が有する海外での案件開発機能を組み合わせ、通信インフラ事業の多国展開や、分散型発電、スマートシティーなどの通信タワーを核とした周辺事業にも取り組んでまいります。

以上

(ご参考)

191115_01.jpg



edotco の概要

会社名 edotco Group Sdn Bhd
設立 2012年
所在地 Level 30, Axiata Tower 9 Jalan Stesen Sentral 5 Kuala Lumpur Sentral 50470 Kuala Lumpur Malaysia
資本金 USD1,002.47milion(2018年時点)
株主 ・Axiata Group Berhad:63%
・株式会社INCJ:21.14%
・Khazanah Nasional Berhad:10.57%
・Kumpulan Wang Persaraan:5.29%
代表者 Suresh Sidhu(Chief Executive Officer)
主な事業内容 ・携帯電話用通信塔建設事業
・通信塔向け電源供給事業
・街灯基地局化事業
・屋内通信インフラシェアリング事業
アジア8ヶ国(マレーシア、バングラデシュ、カンボジア、スリランカ、ミャンマー、パキスタン、ラオス、フィリピン)において約20,000塔の通信タワーを自社保有

このページの先頭へ