双日株式会社

閉じる

双日、台湾最大級の洋上風力発電事業に参画

PDF版[365.3 KB]

2019年4月5日
双日株式会社

双日株式会社(以下「双日」)は、このたび、台湾において洋上風力発電所の建設・運営を行うため、雲林ホールディング社(Yunlin Holding GmbH、以下「雲林HD」)を所有するドイツの大手再生可能エネルギー開発事業者 wpd(wpd AG)グループと、株式売買契約に署名しました。

本件は、双日と、JXTGエネルギー株式会社(以下「JXTGエネルギー」)、中国電力株式会社と株式会社中電工(以下「中電グループ」)、および四国電力株式会社(以下「四電」)が、共同でドイツに設立したスターウインド・オフショア社(Starwind Offshore GmbH、以下「スターウインド社」)を経由して洋上風力発電所の権益(雲林HD)の27%を取得するもので、この後、諸手続きを経て当該株式の取得完了となります。

これにより、双日は、スターウインド社および雲林HDを通じて、台湾の洋上風力発電事業者である(ユン)(ネン)ウインドパワー社(Yunneng Wind Power Co. Ltd.=允能風力發電股份有限公司)の株式の9.1%を取得し、台湾における発電事業、また洋上風力事業に初めて参画します。

允能ウインドパワー社は、2021年12月までに、台湾の雲林県沖合で640MWの洋上風力発電所を建設し、台湾の再生可能エネルギー法に基づき台湾電力公司に対して、20年間にわたり固定価格で電力を販売します。

台湾は、2017年に電気事業法を改正し、「2025年までにすべての原子力発電所の原則撤廃」および「代替電源としての再生可能エネルギーの導入促進」を決定、2025年までに5.5GWの洋上風力発電所の導入を目指しています。

当社は、今後も台湾や、台湾と気象条件が近い日本国内において、積極的に洋上風力事業に取り組んでまいります。

以上

(ご参考)

允能ウインドパワー社の概要

社名 Yunneng Wind Power Co., Ltd.(允能風力發電股份有限公司)
発電所名 Yunlin Offshore Wind Farm(雲林洋上風力発電所)
事業所在地 台湾 雲林県沖
190405_01r.jpg








株主構成 Yunlin Holding GmbH:100%
発電方式 洋上風力発電(着床式)
出力 640MW

スターウインド社の概要

会社名 Starwind Offshore GmbH
所在地 Schirmerstraße 76, 40211 Düsseldorf, Germany
株主構成 Orchid Wind Power GmbH:75%
JXTGエネルギー株式会社:25%
事業概要 洋上風力発電事業への投資会社

※ オーキッド・ウインドパワー社。双日株式会社、中国電力株式会社、株式会社中電工、四国電力株式会社がドイツに設立した持株会社。

雲林HD(株式取得完了後)の概要

会社名 Yunlin Holding GmbH
所在地 Stephanitorsbollwerk 3, 28217 Bremen, Germany
株主構成 Taiwan Offshore Holding GmbH:73%
Starwind Offshore GmbH:27%
事業概要 洋上風力発電事業への投資会社

※ wpdグループ

wpd AG の概要

会社名 wpd AG
所在地 Stephanitorsbollwerk 3 (Haus LUV), D-28217 Bremen, Germany
事業概要 欧州を中心に米州、アジアでも洋上風力発電事業、陸上風力発電事業を展開する大手再生可能エネルギー開発事業者


【出資スキームの概要】

190405_02rr.jpg


【洋上風力発電所イメージ】
wpd AGが運営するドイツのノルデグランデ発電所

190405_03.jpg

このページの先頭へ