双日株式会社

閉じる

ニチメン(株)のダイハツ関連事業を豊田通商(株)に譲渡する件について

2002年10月30日
ニチメン株式会社
豊田通商株式会社

ニチメン株式会社(社長:半林亨、以下ニチメン)と豊田通商株式会社(社長:古川晶章、以下豊田通商)は、2002年11月1日をもってニチメンのダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)関連事業を、豊田通商に譲渡することに合意いたしました。

1.事業譲渡の理由
ニチメンと豊田通商は、ニチメン大阪自動車部門のダイハツ関連事業・組織について協議を重ね同事業のさらなる発展のためには、豊田通商への譲渡が最も適切と判断し、今回の譲渡に至りました。
豊田通商は、本件譲受により、従来から行なっているダイハツ関連事業においてシナジーを発揮し、さらなる伸長をめざしていきます。
また、ニチメンは、本件譲渡により事業の「選択と集中」がさらに進むことになり、今後、重点分野への経営資源の傾斜配分を加速させてまいります。
以上により、本件譲渡は、双方にメリットが出るとの結論に至ったものです。

2.譲渡事業の内容
(1)営業譲渡

【1】年間売上高
  1.ダイハツ車輸出事業     95億円
  2.自動車部品輸入事業       5億円
                 100億円

【2】人員(括弧内は各事業に属する引受従業員数)
  1.ダイハツ車輸出事業         (11名)
  2.自動車部品輸入事業        ( 3名)

(2)譲渡予定株式(何れも海外)
【1】生産会社1社 【2】 販売金融会社1社 【3】 販売会社1社(詳細は別紙参照)

3.日程
2002年10月30日 事業譲渡契約締結
2002年11月  1日 事業譲渡期日
(但し、海外3社の株式譲渡期日は2003年1月1日を予定)



(ご参考)

<株式譲渡予定会社の概要> ※年間生産台数、売上高は01年実績

【1】生産会社 1社
P.T.Astra Daihatsu Motor(インドネシア、略称:ADM社)
株主:ニチメン6.38%、ダイハツ工業61.75%、アストラインターナショナル31.87%
年間生産台数:20,711台
年間売上高:1,597,337百万ルピア(約216億円)

【2】販売金融会社 1社
P.T.Astra Auto Finance(インドネシア、略称:AAF社)
株主:ニチメン30%、ADM社35%、アストラグループ35%
年間総収入:83,997百万ルピア(約11億円)

【3】販売会社 1社
DPS Daihatsu Parts Service S.r.l.(イタリア、略称:DPS社)
株主:ニチメン80%、JAP srl 20%
年間販売台数:2,840台
年間売上高:33,121千ユーロ(約40億円)


本件は貿易記者会と中部経済産業記者会にて同時に資料配布しています。


この件についてのお問合せ
ニチメン(株)広報・IR部古谷、越智 Tel:(03)5446-1062
豊田通商(株)  広報・IR室    加賀、小西 Tel:(052)584-5011

このページの先頭へ