双日株式会社

閉じる

小型酸素濃縮器「オキシークール32」発売の件

2002年10月7日
ニチメン株式会社

各位

ニチメン株式会社(証券コード8004 本社:東京都港区 社長:半林 亨)は、ヤマハ発動機株式会社の子会社であるワイムアップ株式会社(本社:静岡県磐田市 社長:斎藤敏之)とともに、小型酸素濃縮器「オキシークール32“OXYCOOL32”」を開発、本年11月下旬より発売を開始いたします。
ユーザーは、ホテルの客室、スポーツジム、エステサロン、一般家庭、企業の福利厚生施設などを対象とし、全国の家電量販店、デパートなどを中心に販売、TVショッピング、カタログ通販なども検討中です。製造はワイムアップ株式会社の提携工場(国内)にて行ないます。価格はオープン価格ながら13万円を切る価格を予定しており、11月下旬からの発売開始予定。年間10万台を目標とします。

【商品開発の背景】
現代人の健康志向は21世紀になって益々強くなる傾向にあります。かつて日本では「水と酸素はただ」と云われておりましたが、すでに水にお金を払うようになって久しく、21世紀にはこれに続いて酸素にもお金を払う時代になることが予想されます。経済環境の悪化や情報化推進による生活環境の変化のスピードアップにより、人々が一層のストレスを感じ“癒し”を求める社会環境になったこと、環境破壊や大気汚染などにより健康に対する意識が高まりつつあること、そしてこれまでの対症療法から、予防療法、免疫力アップへ関心が向き始めていることから、当社は健康市場の中で人類必須のアイテムである酸素に関連した分野がさらに拡大することを見込み、この市場への参入を決めました。

【「オキシークール32“OXYCOOL32”」の商品説明】
1.小型、軽量のコンパクトボディ
2.洗練されたデザイン
3.簡単操作スイッチ、酸素供給
4.連続運転でも安定した濃縮酸素供給
5.雑音源を抑えた低運転音、低振動
6.簡単操作のタイマー設定
7.省エネ消費電力
8.低価格
※アロマ効果(アロマ水溶液)=別売

わずか2KGの小型、軽量のコンパクトボディなので、電源があれば場所を問わずいつでもどこでも、また旅行などお出かけの際にも簡単にご利用できます。またスポーティなデザインは従来の箱型でキャスター付きの重い酸素濃縮器とは異なり、インテリアとしても違和感のない仕上がりにしています。
機能面では、本来の酸素濃縮器としての機能の他に、マイナスイオン発生機能を装備したことにより、空気の取り入れ口には常にマイナスイオンにより浄化された空気が入り込む仕掛けとなっています。(特許出願中) 従来のゼオライト方式や中空糸膜を利用した酸素濃縮器とは異なり、酸素富化膜を採用した小型酸素濃縮器は世界初の生産となります。この酸素富化膜の採用により小型軽量化、無臭化、メンテナンスフリーが可能となり、さらに低騒音、低振動をも実現、従来品より大きく改善されています。電源スイッチを入れるだけの簡単操作。タイマー付きなので連続運転、任意時間設定もできます。
またその他、オプションとしてアロマ水溶液を販売、濃縮された酸素をこのアロマ水溶液を通して、香りを楽しんで頂くことができます。
品名.型式 YN-6M01ATM-0
定格 電圧 AC100V 50/60Hz
消費 電力 約 44W
出力酸素濃度 29%±2 酸素富化膜方式(20 C/通常気圧)
出力流量 3L/min (20 C/通常気圧)
マイナスイオン 約 10万個 (噴出近傍)
タイマー 60分任意設定/連続
使用温度範囲 5度C~35度C
使用場所 室内
外形寸法 約 230(W)×250(H)×165(D)mm
重量 約 2Kg


【ワイムアップ株式会社(英文:YMUP Co.,Ltd.)の概要】
 
所在地:静岡県磐田市二之宮1621番地
代表者:斎藤敏之
ヤマハ発動機株式会社のベンチャー会社として平成9年8月に設立。
新素材(ワイラック:特許)を使用した製品の開発、販売および設立前から研究開発をすすめていた画像処理、照合ソフトや研磨装置の商品化への事業を行っている。平成12年2月に中小創造法認定企業に認定される。

【本件のお問合わせ先】
ワイムアップ株式会社:技術開発部 城島(TEL0538-36-3056)
ニチメン株式会社:リテール事業部 荒木(TEL03-5446-1288)

以上

このページの先頭へ