双日株式会社

閉じる

当社子会社(日商エレクトロニクス株式会社)の連結業績予想の修正に関するお知らせ

2001年10月25日

当社子会社である日商エレクトロニクス株式会社(コード番号9865)は、平成13年5月14日に公表しました平成14年3月期(平成13年4月1日~平成14年3月31日)中間期および通期の連結業績予想を、別添資料のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。

 

以上

 


 

平成13年10月25日

各位


会社名 日商エレクトロニクス株式会社 
代表者 取締役社長 齋藤紀雄
(コード番号 9865 東証第一部)
問合せ先 取締役経理部長 天利 健三
(TEL 03-3544-8311)



業績予想の修正に関するお知らせ


最近の業績の動向等を踏まえ、平成13年5月14日の決算発表時に公表した業績予想(連結)を下記のとおり修正いたします。





1.連結中間業績予想数値の修正
(1)平成14年3月期連結中間業績予想(平成13年4月1日~平成13年9月30日)

 

(単位:百万円)

売上高 経常利益 中間純利益
前回発表予想(A)
(平成13年5月14日発表)
26,700 △200 △600
今回修正予想(B) 27,400 △810 △1,300
増減額(B-A) 700 △610 △700
増減率(%) 2.6% - -
前期(平成12年9月中間期)実績 25,046 2,008 536


 
連結業績予想数値の修正
(2)平成14年3月期連結業績予想(平成13年4月1日~平成14年3月31日)


(単位:百万円)

売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成13年5月14日発表)
59,400 1,450 50
今回修正予想(B) 59,400 520 △1,000
増減額(B-A) △930 △1,050
増減率(%) △64.1%
前期(平成13年3月期)実績 57,941 5,240 1,322

 


2.修正理由
持分法適用関連会社であるフュージョン・コミュニケーションズ(株)(第一種電気通信事業者)は、加入申込回線数が予想を大幅に上回っているため、当初予定していた設備投資を前倒しして実施しております。そのため設備投資費用等が当初計画より先行して発生しており、当初の業績予想に対し大幅な減益となる見込みであります。

以上

このページの先頭へ