双日株式会社

閉じる

宇部興産と共同IPP事業のユービーイーパワーセンター発電所の工事開始

2001年10月15日

日商岩井株式会社と宇部興産株式会社(社長:常見和正)が共同でIPP事業を推進するために設立された株式会社ユービーイーパワーセンター(社長:中村龍介)は、平成16年3月からの中国電力株式会社向け電力卸供給開始を目指し、「ユービーイーパワーセンター発電所」の建設工事に着手することとなった。

本発電所の建設予定地は、宇部市大字小串1978番地に位置する宇部興産株式会社宇部ケミカル工場内で、平成13年10月19日(金)午前10時30分から現地で起工式が行われる。

宇部興産株式会社は、自社内に大型自家発電設備(145,000kw)を保有しており、この建設・運転・保守業務を通じて多くの技術・ノウハウを培うとともに、人材の養成や関係設備の整備を行っている。これらの経営資源を生かし、電力供給という公益事業に参画するため、平成9年度に宇部興産は日商岩井の協力を得て、中国電力株式会社が実施した電力卸供給の入札に応募し、落札した。その後、中国電力株式会社の了承のもと、株式会社ユービーイーパワーセンターが電力受給契約を承継し、発電事業を行うこととなったものである。

本計画を進めるにあたっては、平成10年2月から本年2月にかけて、環境影響評価法及び電気事業法に基づいて、厳密な環境アセスメントが行われ、本事業の実施が周辺環境に及ぼす影響は小さいことを確認した。

なお、株式会社ユービーイーパワーセンターが計画している発電能力は、宇部市の使用電力量にほぼ等しい規模である。

本プロジェクトの概要は、次のとおり。

事業者について
  名称 : 株式会社ユービーイーパワーセンター
  設立 : 平成10年2月
  資本 : 30億円(資本金:15億円、資本準備金:15億円)
  出資比率 : 宇部興産:70%、日商岩井:30%

発電所の概要
  名称 : ユービーイーパワーセンター発電所
  敷地面積 : 約20,000平方メートル
  出力 : 216,000kW(発電端)、195,000kW(送電端)
  発電方式 : ボイラー・タービン発電
  使用燃料 : 石炭
  主発注先 : 富士電機株式会社
  運転開始 : 平成16年3月1日(予定)


以上

このページの先頭へ