双日株式会社

閉じる

イービストレード、オリエントコーポレーションと提携

2001年1月22日

イービストレード株式会社は、2000年3月に日商岩井株式会社と株式会社エヌ・ティ・ティエックス、アイ・ティー・エックス株式会社の戦略的合弁事業として、業種別のネット取引所(マーケットプレイス)を構築・運営する「ネット総合商社」としてスタート致しました。 

イービストレードは、多数の中小企業が売り手や買い手として参加するマーケットプレイスを構築・運営していく上で、小口の企業間取引に利便性の高いカード決済を取り入れる事は不可欠と考えておりましたが、この度eビジネスに積極的な取り組みを展開している株式会社オリエントコーポレーションの「オリコカード」と提携して、イービストレードが構築・運営していく各マーケットプレイスで会員企業に「イービストレードカード(呼称:イービスカード)」を配布し、200万円程度までの企業間小口決済やコンテンツ料等の費用回収に利用していく事と致しました。

日本のB2Bマーケットプレイスでカードを利用している例はまだ少なく、様々な業界のマーケットプレイスで同じ提携カードを採用する試みは、本邦初となります。

イービストレードは現在、日本初の紙・板紙のネット取引所(マーケットプレイス)である「ベイツボ・ドット・コム」(http://www.beitsubo.com:2000年6月開始)の運営を行っております。既に業界新聞社11社と提携し、業界ニュースを毎日配信しているほか、製紙メーカーや印刷会社、代理店、卸商の間で24時間営業の電子商取引を行っており、取引会員企業数は、既に500社を超えております。「イービスカード」は、「ベイツボ・ドット・コム」に2月より開設されるカタログ販売サイト『揃ってます』において利用が開始され、初年度には3000社の会員数と約30億円に上るカード決済が見込まれています。

サイトで発生する200万円程度までの企業間小口決済をすべて「イービスカード」で行う事で、マーケットプレイス運営者であるイービストレードは、購入者がデフォルト(支払い不履行)を起こすリスクから切り離されて、安心してマーケットプレイスを運営できる様になります。また、請求書発行から売掛債権消し込み、引落通知、支払い督促等の煩雑な事務手続きも省力化する事が可能です。実際にカードを利用する買い手側の購入者もタイムリーに購入履歴が入手でき、振り込みの手間が省ける等、サイトで売買する上で多大な利便性を享受できます。

また今後イービストレードが構築するすべてのマーケットプレイスで同じイービストレードブランドのカードを提供することで、統一的なブランド戦略を推進していきます。

イービストレードは、企業間の商取引を取り巻く決済・物流・与信等の機能を強化する目的で積極的に異業種の戦略的パートナーと提携する方針です。今後はカードを核にしたeマーケットプレイスに合った新商品をオリエントコーポレーションと共同で開発して顧客企業が最大のメリットを享受できる高付加価値のマーケットプレイスを創造していきたいと考えております。


以上

このページの先頭へ