双日株式会社

閉じる

CFOメッセージ

安定した財務基盤を維持しつつ、徹底的な分析を通じた課題解決によって投資の成功確率の向上を目指します。

新型コロナウイルス感染症による影響

コロナ禍においても堅実に力を発揮し安定した財務基盤を維持

2021年3月期は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でマーケットの需要が縮小し、一時的な基礎的営業キャッシュ・フローの落ち込みが想定されます。そのような環境下でも、当社グループにおいては財務面の懸念は全くないと考えています。2020年3月期における当期純利益は前年を下回る608億円にとどまったものの、流動性確保の観点では、現預金3,000億円に加え、円貨1,000億円及び16億米ドルのコミットメントラインを確保しているほか、短期借入枠の長期借入への切り替えを進めています。また、リスク管理面においてもリーマンショック以降、為替、在庫ポジション等の管理体制の高度化を進めてきたことで、損失幅を最小限に抑えることができています。

引き続き状況の変化に迅速に対応していくため、想定されるリスクに対して十分な現預金残高と調達余力を保持しながら財務運営を行いつつ、良好な取引関係を維持している主力取引金融機関等からの資金確保も適切に実行していく方針です。もちろん、中計3ヵ年累計で基礎的キャッシュ・フロー及びフリー・キャッシュ・フローの黒字を堅持することにより、財務安定性を維持していくという基本方針は変わりません。

中計2年目(2020年3月期)の振り返り

規律あるBS・CFマネジメントを実施、基礎的キャッシュ・フローの黒字を継続的に確保

中計2年目である当期は、基礎的キャッシュ・フローは黒字、ネットDERは1.06倍となり、創出したキャッシュの範囲内で投資をマネージし、規律あるBS・CFマネジメントを実践することができました。この結果、過去2年間を通して、基礎的キャッシュ・フロー、フリー・キャッシュ・フローともに累計で600億円程度の黒字を確保しています。中計最終年度となる2021年3月期は、営業案件の資金拠出により単年度では赤字を見込みますが、「中計3ヵ年累計での黒字維持」という目標は達成できる見通しです。また、2021年3月期末のネットDERは1.1倍を見込んでおり、仮に円高・株安による自己資本の減少があったとしても、引き続き十分な財務健全性を維持できると考えています。

なお、当期は、従来から進めている情報開示拡充の一環として「本部ごとのBS・CFマネジメント(回収と拠出の一覧)」を公表しました。特定の分野に依存することなく、9本部においてバランスよく継続的な資産入替を実施することで、各本部が適正にポートフォリオ構築を行っている姿勢をお伝えするためです。投資家の皆様との情報の非対称性格差を解消し、株式価値を適正に評価していただくために、引き続き積極的な情報開示に努めていきます。

投融資方針

市場分析の徹底とPMIのさらなる強化により、キャッシュを創出する資産を安定的に積み上げていく

当社グループは、2019年3月期まで7期連続増益を達成し、安定的な成長を遂げてきました。また、当期において自動車、空港運営、再生可能エネルギー分野を中心に810億円の投資を実行しました。中計2020では「3ヵ年の累計投融資額3,000億円」の実現を目指していますが、足元の厳しい状況を考慮すると、2021年3月期の投融資額は1,000億円程度、中計3年間の累計額は計画を若干下回る2,600億円程度となる見込みです。ただし、中計最終年度の投融資目標1,000億円については、コロナ禍による交渉遅延が発生している状況を踏まえると、将来の成長に向けてコンスタントな投資が必要であるものの、必ずしも目標額ありきと考えているわけではなく、柔軟に精査していきたいと考えています。

一方で、投融資の成功率を高めてさらなる利益成長を遂げるためには、徹底した市場分析と多面的な仮説に基づいた事業計画を策定し、市場ニーズに対して当社が提供するべき機能の見定めや計画の蓋然性の検証をしっかりと行うことが大切です。「人々が何を求めているのか?」ということに真摯に向き合い、需要動向分析とKPI・KGI設定を徹底することが、事業投資を成功させる唯一の方法であると私は考えます。特に、ポートフォリオを資源中心から非資源中心にシフトしたことで、市場分析及びPMI*の重要性はますます高まっています。引き続き営業案件をしっかりとサポートできるコーポレート体制の構築や、投融資基準の適正化を行っていきます。また、市場変化が極めて著しいDX等の新事業領域においては、営業本部長等への権限移譲を進め、スピード感のある意思決定でチャンスを逃さないように取り組んでいきます。

加えて、投融資案件のバリューアップを促進するうえでは、PMIワークの巧拙がカギを握っています。M&Aマネジメント室では、適切なデューデリジェンスを経て投融資プロセスの効率化を進めるとともに、営業本部に設置したコントローラー室と連携して試行錯誤を繰り返しながら、「あるべきPMIの確立」を進めています。さらに、M&Aのノウハウを集約した「プレイブック」をもとに説明会を繰り返し実施し、PMIスキルの浸透・育成に組織的に取り組んでいます。

* Post Merger Integration: M&A後の統合効果を最大化するための統合プロセス。

資本効率

リスクプレミアムの低減により株主価値向上を目指す

当社の資本コストは7~8%と認識しています。ROEを大きく伸ばすのが難しい環境の下、エクイティコストの一つであるリスクプレミアムを下げる取り組みが必須であると認識しています。いたずらにレバレッジを上げてROEを大きく見せるのではなく、個々の案件や営業本部におけるコスト削減に地道に取り組みつつ、規律あるBS・CFマネジメントを通じてリスク管理を徹底していくことで、堅実に財務健全性を確保していきます。投資家を始めとしたステークホルダーの皆様には、情報開示の充実に向けた取り組みはもちろんのこと、緊密に対話をさせていただきながら、変化の激しい外部環境に慌てることなく、ボラティリティ耐性の強化と着実な収益成長に注力していきたいと考えています。

社長メッセージ(HTML版)

議長メッセージ(HTML版)

統合報告書2020はこちら

戻る

このページの先頭へ