双日株式会社

閉じる

第三者意見

藤井 敏彦 氏

埼玉大学大学院経済科学研究科客員教授
藤井 敏彦 氏

■CSRについて適切な概念的把握を示した双日グループ
どのようなことに取り組むにせよ、価値ある成果を出すためには、対象についての適切な概念的把握という基礎をまず構築しなければならない。CSRへの取組もその例外ではない。本年の双日グループのCSRについての活動報告の中で最も注目すべきものの一つは、企業の社会的責任の遂行についての適切なる概念的咀嚼が明示されたことであろう。

■未来への方向性を導き出す「2つの価値」
「2つの価値」と本レポートが述べる考え方にはCSRの本質が存在すると私は思う。それは、「双日にとっての価値」と「社会にとっての価値」を必ずしも完全には重ならないそれぞれ独立した価値として置いたことである。

「ある会社にとっての価値」の全体がすなわち「社会にとっての価値」であるならば、つまり前者が後者の真部分集合と考えるならば、事業の社会的意義についての「現状の解説」がCSRそのものになってしまう。それは理想の形ともいえるが、一方で「現状の解説」から「未来への方向性」が導出されるかどうかは定かではない。その理由を以下で述べたい。

■自省とビジネスのフロンティア開拓を可能にする「社会にとっての価値」
「2つの価値」のアプローチには大きな2つの未来志向の意義がある。
一つは、自省を可能にすることである。どのような企業のいかなる事業も「足跡」を残す。環境面であれ社会面であれ。サプライチェーンの取組はマイナスの足跡を低減する努力の例である。このような努力には「社会にとっての価値」が事業を通じて自動的に達成されるとは限らないという認識が不可欠である。

もう一つの意義は、社会課題解決をビジネスのフロンティアにできることである。現在の顧客のニーズと社会のニーズは必ずしも同じではない。社会課題の解決を考え将来の顧客ニーズを先取りするというダイナミックな形での共通値価値の創造、そのためには、「社会にとっての価値」をそれそのものとして把握することが出発点になる。いずれの面でも「2つの価値」の考え方は有意義である。

■注目すべき事業事例
そのような観点から本年のレポートに取り上げられている2つの事例はとても興味深い。とりわけ事例1は、不毛の地の土地改良による耕作地への転換、新しい陸送ルートの開拓、アジアの物流ネットワークの掛け合わせによるアジアの穀物需要の充足という商社ならではのスケールの大きな共有価値創造のストーリーであり読み応えがある。

■サプライチェーン課題への対応の評価と課題
個別の取組については、環境、社会両面におけるサプライチェーンの課題への対応に注目したい。企業に問われる社会的責任の対象が狭義の「自社」からサプライチェーンを形成するパートナー企業の問題に広がる傾向が近年ますます顕著である。サプライチェーンの観点からはまず双日が2014年3月期にRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟したことを評価したい。また、研修や意見交換などによって着実に問題への関心の喚起と実践を促していることも同じく評価したい。

他方、今後課題は実践面での前進である。そもそも双日グループの関与するサプライチェーンのどこにどのような顕在化しているもしくは潜在的な問題があるのか具体的に把握すること、言い換えればグループのサプライチェーンが環境・社会に与えている影響を認識し評価すること、その上で環境・社会面でのサプライチェーンマネジメントの体制を構築し、サプライチェーンにおけるパートナーとの協力による問題改善に取り組むことである。

■双日グループへの期待①:多様な課題、多様な価値観と向き合うこと
ただ、もちろんサプライチェーンの問題を含め社会との関係は様々な領域に及び絶えず新しい課題が登場する。商社という業態から関連する分野も木材調達に関する森林保護問題から委託加工における人権問題まで多種多様である。他方、企業がCSRに割ける資源は有限である。したがって注力する対象をある程度特定することが必要であり、83ページに示された4つの重点取り組みテーマはそのための良いガイダンスになる。また、課題が多様であればあるほど外部ステークホルダーとの対話の積み重ねが大切になる。そのような対話は「2つの価値」の輪郭をより明確なものにするであろうし、CSRへの取り組みに適切な焦点も与えてくれるであろう。また、外部関係者との対話をすべて公開することはかえってものごとの進捗を妨げる面があるが、可能な範囲で透明性を上げることを望みたい。関連して、ステークホルダーダイアログについても多様な価値観を持った主体との対話を進めるという観点でNGOを集めた円卓会議のような形で実施することも将来に向けて検討の価値があるだろう。

■双日グループへの期待②:社会を持続可能な形につくりかえていくという視点をもつ
最後であるが、冒頭に述べた概念整理を含め双日グループのCSRは着実に前進している。繰り返しになるが、長期的に見れば社会をより持続可能な形につくりかえていくことが事業のフロンティアになることはおそらく間違いない。本アニュアルレポートの語る「次の10年」(13ページ)を実現するには、世界が直面する社会の諸課題を先行して解決していかなければならない。CSRへの取組の更なる進化が双日グループの社会的、経済的両面の存在意義をより大きなものにすることを願ってやまない。

第三者意見をいただいて

「アニュアルレポート2014」発行に際して、双日グループのCSRの取り組みについて貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。

本年度のレポートでは、当社の事業を通じたCSRについて「社会にとっての価値」と「当社にとっての価値」の「2つの価値」という考え方をお伝えしています。ご意見では、この考え方について「未来への方向性を導き出す」「自省を可能にする」「社会課題解決をビジネスのフロンティアにできる」といったご評価をいただき、誠にありがとうございます。

ご指摘のように、当社は世界各地で、機械、エネルギー・金属、化学品、生活産業と多様な分野で事業活動を行っており、事業にかかわる社会・環境課題も多様です。
そして、年々、当社に対する取引先、投資家、国際的に活躍するNGOなどからの持続可能な事業活動への要請、事業における環境・社会配慮への要請が増加しており、その内容も、具体的なものとなっています。

当社では、環境・社会配慮についての方針・体制を持ち、特に重点的に取り組む「重点取組テーマ」を特定するなどして取り組んでいますが、これらについても、高まる国際的な要請に応じた全社的な見直しが必要な時期にきているのではないかと考えています。ご指摘にありますステークホルダーとの対話の機会も増やし、重点課題、そして既存の事業の環境・社会影響に関する方針・体制の改善について見直しを行っていきます。

ご評価いただきました「穀物バリューチェーン」事業のように、当社の事業が生まれる背景には、世界各地の地域の課題があり、そしてこれらの課題解決に寄与する事業も多く存在します。今後、まず当社事業の「社会にとっての価値」「双日にとっての価値」や「社会課題を解決することをビジネスのフロンティアにする」という考え方について、全社的な議論の機会を作り、この考え方を浸透させ、我々の企業理念「双日グループは、誠実な心で世界を結び、新たな価値と豊かな未来を創造します」の実践につながるCSRを進めてまいります。

 

花井 正志 CSR委員会 委員長 執行役員

谷口 真一
CSR委員会 委員長
副社長執行役員

アニュアルレポート/CSRレポートへ戻る

このページの先頭へ