双日株式会社

閉じる

第三者意見

2011年度(※)の取り組みについて

藤井 敏彦 氏

経済産業研究所コンサルティングフェロー
埼玉大学大学院経済科学研究科客員教授
藤井 敏彦 氏

双日グループのCSRに関する今年度の取り組みにつき、まず4つの重点取り組みテーマごとに進展に関する評価と来年度への期待について述べ、次に双日グループのCSR活動全般について意見を述べたい。

4つの重点取り組みテーマ

①サプライチェーンにおけるCSRの推進

アンケート調査対象を拡大したこと、とりわけ二次サプライヤーも対象としたこと、また、サプライヤーとの直接対話を開始したことはいずれも大きな進展である。
調査、対話の結果を具体的な行動につなげていくことが次の段階である。サプライヤーとの契約にCSRに関する条項を加えること、及び人権・環境デューデリジェンスを導入することはそのような行動の例である。来年度は次のステップに向けた行動計画の策定を期待したい。

②気候変動防止に貢献する事業の推進

ハウステンボスにおけるスマートグリッドを活用した次世代エネルギー技術実証事業が紹介されており、双日グループの事業の環境上の意味をわかりやすく伝えている。他方、昨年の第三者意見で述べた、鉱山開発など一般に環境影響が大きいと考えられる事業においていかに環境対応がなされているかの記載ついては引き続き課題である。環境改善に貢献する事業の展開とともに、事業の過程における環境負荷の軽減も重要なCSR項目である。

③途上国、新興国の発展に寄与する事業の推進

途上国、新興国の成長に陰りが見えるなか、紹介されている双日グループの東南アジアにおける配合肥料事業、新興国における海外工場団地の開発はいずれも当該国の長期的発展に貢献するものとして評価できる。好不況の波に左右されない安定的取り組みを期待したい。

④社員一人ひとりが能力を発揮できる制度・環境の整備

グローバル化やダイバーシティ社会への対応、社員の能力が最大限発揮できる有効な制度・施策の開発・導入は今年度も着実に進められた。国籍、性別等個人の属性にかかわらず能力に応じて人材を登用し世界選抜経営を実現することが日本企業の長期的成長のためには不可欠である。現在の方向性に沿って人事制度の改革を続けてもらいたい。

取り組み全般について

CSRの取り組み全般について2点意見を述べたい。
CSRの取り組みが成功するためには社員一人ひとりが企業の社会的責任の重要性について理解し自ら貢献する意欲を持つことである。そのような観点から今年度実施されたCSReラーニングは大きな意味がある。引き続き社員一人一人の意識の向上に努めて欲しい。
また、問題を認めることが改善の第一歩となることはあらゆる経営の分野について言えるが、CSRも例外ではない。双日グループのCSRについて改善を要する点についてもアニュアルレポートで是非言及してもらいたい。

おわりに

双日グループのCSRの取り組みは、2011年度着実に前進した。より広い視野から存在する問題を客観的に把握し、解決するための行動につなげていくことによって今後さらなる前進が可能であると確信している。

第三者意見をいただいて

「アニュアルレポート2012」発行に際し、双日グループのCSRに関する取り組みにつきまして貴重なご意見を頂き誠にありがとうございました。

双日グループはCSRを重要な経営課題のひとつと捉え、持続的成長に向けて2011年度も4つの重点取り組みテーマに注力してまいりました。
サプライチェーンにおけるCSRの推進では、アンケート調査対象の拡大やさらなる情報交換のためのサプライヤー訪問を実施しました。これらの取組みに関する情報の公開など次のステップに向けて活動を進めてまいります。また、事業を通じた環境負荷低減へのさらなる貢献や、ダイバーシティ社会への対応、グローバル化が加速するビジネス環境で能力を発揮できる人材の育成など人事制度の改革も継続いたします。

ご指摘いただきましたように、CSRの取り組みを成功させるためには社員一人ひとりが企業の社会的責任の重要性について理解し自ら貢献する意欲を持つことが大変重要と考えております。企業活動の原動力である社員一人ひとりの意識や意欲を重視して、双日グループのCSR活動を深化させていきます。

花井 正志 CSR委員会 委員長 執行役員

花井 正志

CSR委員会 委員長 執行役員

文中の「今年度」は2011年4月~2012年3月を指します。

CSRレポートへ戻る

このページの先頭へ