双日株式会社

閉じる

浸透のための取り組み

社内セミナーの開催

ステークホルダーの視点を取り入れるため、2009年11月より有識者を招いたセミナーを定期的に開催しています。直近ではグループ役職員を対象に以下のセミナーを実施しました。

2017年10月

人権リスクセミナー
講師:EY Japan 気候変動・サステナビリティサービス(CCaSS)
   マネージャー 名越正貴氏

2018年3月

廃棄物処理法セミナー
講師:株式会社 ユニバース 主席コンサルタント 子安伸幸氏

2019年9月

海洋ゴミ・マイクロプラスチックセミナー
講師:JEAN 副代表理事 小島あずさ氏
※上記セミナーにて世界的課題を確認した後、2019年10月にはJEAN主催の「国際海岸クリーンアップ(International Coastal Cleanup:ICC)」に参加し、城南島海浜公園つばさ浜(東京都大田区)にて海ゴミ清掃を実施し、収集したゴミを分類し、計測・調査しました。


E-ラーニングの実施

サステナビリティの考え方や取り組みをグループ社員に伝えるためにE-ラーニングを、グループ社員の意見を今後の改善につなげるためにアンケートを定期的に実施しています。

実施年度 テーマ 受講対象者数
2015年度
サプライチェーンにおける環境・社会リスク
5,020名
2016年度
サステナブルな事業の創造
4,718名
2017年度
求められる人権デュー・デリジェンスの実践
5,192名


その他の取り組み

上記の取り組みのほか、以下のような取り組みを行っています。

・グループ社内報において、サステナビリティに関連するテーマでの連載
・社内イントラネットでの環境・社会リスクに関するリスク評価ツールの提供
・「双日グループ  サステナビリティハンドブック」の配布 など

このページの先頭へ