双日株式会社

閉じる

社会貢献活動一覧(2018年)

10月

ランチタイム清掃ボランティア活動

清掃活動参加者。

活動終了後に集めたゴミの前で。

10月26日のランチタイムに、地域社会貢献活動の一環として、東京本社入居の他テナントと合同でビルおよび日比谷公園周辺でのゴミ収集活動を行いました。次回は、2019年2月開催の予定です。

9月

職場献血実施

東京本社での採血の様子。4名同時に採血可能。

採血前に問診を受け、当日の体調を確認。

東京本社では7月26日、関西支社では9月5日に日本赤十字社のご協力の下
職場献血を実施しました。
合計で72名の方より献血の申し出があり、最終的に60名の方に協力頂きました。

次回は3月頃に実施を予定しています。

8月

富山県立富山中部高校生徒の訪問を受け入れ

富山中部高校OB社員の説明に耳を傾ける生徒

富山県立富山中部高校は、進路指導の一環として2学年の生徒が東京方面の大学並びに企業を訪問していますが、
同校OBが勤務する双日にも依頼があり、20名の生徒訪問を受け入れました。
研修の目的は「企業を訪問し、実際に働く方々から話を聞き、将来を見据えた大学進学の意識を高める」というものです。

当日は会社概要の後、同校OBのみならず、外国籍社員や女性総合職社員より、業務内容や総合商社を働く場として選んだ背景などを紹介しました。

生徒からは「双日の事業が社会の様々なところで影響を与えていることが良く理解出来た」
「学生時代に英語力と論理性を身につけておくと良い、という話が印象的だった」などの感想が寄せられました。

8月

福岡県立修猷館高校生徒の訪問研修を受け入れ

藤本社長(修猷館高校OB)を囲んで記念撮影

昨年に続き福岡県立修猷館高校の生徒17名が、東京研修先の一つとして双日を訪問。
研修の目的は「世界的視野にたって、先進国としての日本が世界に果たす役割を自覚し、自己の使命を考えて行動できる人材を育成する」ことで、
同校のOB・OGも複数在籍し、地球規模でのビジネスを展開を通じて、社会の様々な課題の解決に取り組む双日が今年も訪問先に選ばれました。

当日は会社概要説明の後、総合商社の事業をゲーム形式で体感。質疑応答の場では生徒から「著しい世界情勢の変化にどのように対応しているのか?」
「商社は人材が大切と聞いているが、どのようにして発掘・育成しているのか?」などの質問がなされ、同行のOB社員が中心になり説明をしました。
生徒からは「企業は自社の収益を上げるだけでなく、社会の利益も追及していることが良く理解出来た」
「今に捉われず、先を見据えた新たな視点が大切だと感じた」なことがなどの感想が寄せられました。


6月

ランチタイム清掃ボランティア活動

清掃活動で出たゴミを前に集合

5月25日のランチタイムに、地域社会貢献活動の一環として、東京本社入居の他テナントと合同でビルおよび日比谷公園周辺でのゴミ収集活動を行いました。次回は、2018年10月開催の予定です。

社会貢献活動トップへ戻る

このページの先頭へ