石炭事業[主要事業紹介]

日本・アジア市場向けトレーディングと海外権益投資を展開

豪州/ミネルバ炭鉱

石炭事業では、国内の鉄鋼・電力・一般産業向けおよび三国間の石炭販売ビジネスを基盤としたトレーディングと、海外権益投資を展開しています。

石炭販売においては、豪州炭に加え、日本向け輸入取り扱いシェアトップのロシア炭や、持分権益数量において日本商社トップのインドネシア炭にも注力し、国内向け販売量の拡大を目指します。

また、三国間トレーディングの分野においても業界トップクラスの取扱いを誇り、アジア新興国向けの販売にも注力しています。

上流権益投資では、1980年代に日本商社として初めてインドネシアで石炭権益に投資するなど先駆的な取り組みを行い、現在は豪州、インドネシアを中心に保有権益を拡大しています。豪州では、当社が96%出資する豪州・ミネルバ炭鉱における独自の操業を通じ、オペレーター機能も保有しており、権益からの収益向上を図るとともに、操業ノウハウを活かした将来の良質な炭鉱開発の機会創出にもつなげていきます。

e04_map_j201511.jpg

サイト内検索