私たちを取り巻く地球環境は、大気汚染、水質汚濁、廃棄物増加、森林の減少など、あらゆる側面で急速に変化しています。経済成長は便利さや豊かさをもたらすと同時に、地球環境問題を引き起こし、私たちの生活にも少しずつマイナスの影響が現れ始めています。

特に、地球温暖化は異常気象の発生、都市部でのヒートアイランド現象など、私たちの周囲にも大きな影響を与えています。二酸化炭素排出削減への取り組みは、総合商社である当社、とりわけ地球環境に深いかかわりのある金属・エネルギー資源を取り扱う当本部が、強く社会から期待されるものであると同時に、大きなビジネスチャンスであるとも考えています。

当社の石炭事業は60年以上の歴史を持ち、多様なサプライヤーとのネットワークを持つことで、需要先に近い場所から石炭などの商品を輸送することにより、輸送にかかる二酸化炭素排出の削減に取り組んでいます。例えば、アジアの需要家には豪州やインドネシアから、中国北部の需要家にはモンゴルやロシアから石炭を提供することなどにより、輸送にかかる環境負荷の削減を実現しています。

そのほか、粗鋼生産の際に発生する製鉄スラグ(鉱滓(こうさい)、カス)を廃棄せずセメントや土木用資材として活用することや、石炭の燃焼後に発生する石炭灰をセメントの原料として利用するなど、廃棄物の利活用を進め、処理量の削減に貢献していきます。

また、土壌固化材の原料供給にも取り組んでいます。トンネルや道路などの土木現場から発生する土壌を固めるもので、土壌中に含まれる重金属の溶出を抑制する機能があります。土木工事で環境に配慮した工法の選択を可能にし、ヒートアイランド現象の抑制などの効果が期待できます。

足元では新たな取り組みとして、リチウムイオン電池に用いられる炭素材の改良を通じて、電気自動車の走行距離の伸長に寄与するとともに、電子基板のスクラップから銅や貴金属、レアメタルを回収するなどの取り組みも進めています。

時代の流れやニーズに応じて、従来の原材料・燃料供給ビジネスにとどまらない新たな機能や価値を提案しています。

エネルギー本部へ戻る

トップへ戻る

サイト内検索