人材戦略

人材に関する考え方

20171121.jpg

双日グループは、人材を最大の財産と考え、「人財」の力を高めることこそが、当社の価値創造の源泉であると考えています。

当社の持続的成長のためには、安定的な収益基盤の創出とそれを維持・発展させていく人材の厚みが必要です。当社では、自ら考え、行動し、やり抜くことで、世界を舞台に「価値を創造することのできる人材=稼ぐ人材」をグローバル・マネジメント人材と定義しています。当社が目指すグローバル・マネジメント人材に必要な素養を備えた人材を採用、育成し、社員一人ひとりが能力を発揮できるように適材適所に配置し、その活躍を推進していくことを目指し、各種人事施策を展開しています。

「中期経営計画2017」における人事施策3つのテーマ

■新たな事業領域を担う人材の育成

めまぐるしく変化する現在の経営環境の中で当社グループが持続的に成長していくには従来の発想に固執せずグループ社員一人ひとりが自ら課題を見つけ、これまでになかった機能の導入や創意工夫によって日々改善を積み重ねていくことが重要となります。そのため、改善意識の向上を図る取り組みを行うとともに、新たな事業領域を担う経営人材を継続的・計画的に育成し、幅広い業務経験の充実と得意分野での能力の発揮を促しています。

■多様な人材活用によるグローバル化への対応

グローバル化が加速する事業環境でも闘い抜ける強い人材の育成は不可欠であり、社員のグローバル化を促す施策を継続して取り組んでいます。また、海外現地スタッフの強化や、社員一人ひとりが各職場で自分らしく個々の力を発揮できるよう、さらなるダイバーシティを推進しています。

■「信頼」と「スピード」に基づく「双日らしさ」を実現する企業文化の醸成

2014年に策定した「行動指針」のグループ内定着の深化を目的に、研修を中心とした社員の理解・納得感の醸成を重点的に取り組んできました。加えて、社員一人ひとりの日々の行動が、これら行動指針やスローガン、ひいては企業理念の実践につながるよう、企業文化の醸成を進める各種取り組みを展開しています。

 

具体的な取り組み

経営人材の育成

400社を超えるグループ会社を通じて多様なビジネスを展開する当社にとって、それぞれの事業会社の経営を担う人材の育成は重要な課題です。経営人材の育成・確保のため、海外トレーニー制度、海外語学研修制度、MBA プログラムへの留学制度、若手社員に経営の現場を経験させる育成プログラム、M&A 研修など、さまざまな取り組みを行っています。

● 海外トレーニー制度、海外語学研修制度の事例はこちら

● MBAブログラムへの留学制度の事例はこちら


例えば、2012年にスタートした経営人材育成プログラムでは、将来の経営人材層として期待される世代の人材が幅広い部署から選抜され、自身の出身部署とは直接的には関係のないグループ会社に出向。そして、そのグループ会社社長などの指導の下、事業会社の運営に必要な実務と意識を経営現場での体験を通じて習得しています。このプログラム受講者の一人は2016年10月から米国の化学関連子会社のCEOを務めるなど、実際の成果も表れてきています。

また、事業投資、事業経営の知識の醸成を目的に、2016年からM&A 研修も始めており、当社の成長を支える経営人材の育成に向け、年々制度を拡充しています。

グローバル人材採用

グローバル人材採用の一環として、外国人の本社採用を行っています。留学生採用からスタートし、JET プログラム(The Japan Exchange and Teaching Programme:
外国青年招致事業)出身者、日本語能力不問の海外大学出身者と採用対象を順次広げてきており、これらの人材はすでに当社では欠かせない人材となっています。

グローバル人材採用

 

● 海外大学出身者の日本語能力不問採用の事例はこちら

サイト内検索