内部統制システム

当社は、「当社グループの業務の適正を確保するための体制の整備に関する基本方針」(2015年4月24日取締役会決議)に則り、内部統制システムの体制の整備、運用に努めています。

当社グループの内部統制システム全般につきましては、内部統制委員会において、その整備・運用状況の全体俯瞰と定期的なモニタリング状況を監視するとともに、社内制度・体制等に係る全社的な課題の抽出と検討、担当部署への指示、改善を行っております。
内部統制委員会は、内部統制活動を担う各種委員会・組織と連携し、体制の整備・維持・高度化を図っております。このうち、法令及び社内規程の遵守状況の点検・強化はコンプライアンス委員会が、リスク管理手法の点検・強化はリスク管理企画部が、グループ会社経営管理は経営企画部が各々中心となって行っております。

≫ 内部統制システムに関する基本方針及びその運用状況

また、金融商品取引法に定める内部統制報告制度に則り、「適正な財務報告を確保するための基本方針」を定め(2008年4月取締役会決議)、当社グループ全体での財務報告に係る内部統制評価、財務報告の信頼性確保のための取り組みを進めております。

≫ 適正な財務報告を確保するための基本方針

 

サイト内検索