双日の歴史

双日略史

双日は、ペリー来航後に設立された日本綿花、岩井商店、鈴木商店を源流とし、大阪、神戸で誕生しました。日本綿花は綿花の海外からの調達を目的に設立され、岩井商店、鈴木商店は神戸の居留地貿易から製造事業に進出していきます。鈴木商店は第一次世界大戦中に日本一の総合商社に成長するもその後に破綻、日商として再スタートを切ります。

戦後は、高度経済成長を通じて事業の多角化を進め、エネルギー資源の確保、日本の製品やプラントなどの輸出で重要な役割を果たすとともに、日本企業の国際化にも貢献。また途上国の経済発展を支え、日本のみならずグローバルな視点で、長年にわたって世界の豊さの創造に努めてきました。

双日系譜図

  • 1862(文久2)年 岩井文助商店創業
  • 1874(明治7)年 鈴木商店創業鈴木商店記念館
  • 1892(明治25)年 日本綿花設立
  • 1896(明治29)年  岩井商店創業
  • 1928(昭和3)年 日商設立
  • 1943(昭和18)年 日綿實業に商号変更
  • 1943(昭和18)年 岩井産業に商号変更
  • 1968(昭和43)年 日商岩井発足
  • 1982(平成4)年 ニチメンに商号変更
  • 2003(平成15)年  ニチメン・日商岩井ホールディングス設立
  • 2004(平成16)年 双日株式会社発足